30才のとき パリに半年住んでいました。 スタジオをスタッフに任せて。 なんと
ワガママな。 (スタッフもその間にパリに遊びに来てくれたし 帰国したら 売上は上がっていたしでいい思い出です。)
 知らぬが仏のパワーで 25才のときスタジオをオープンし つっぱしってきた私は
エネルギー補充をしたかったのかもしれません。 アパートメントを借り 
ただ なんにもせずに 毎日 美術館やカフェに。 トランク1つで ヨーロッパ列車の
一人旅を1ヶ月したこともありました。

 そういうときに出会った様々な友達とは今でもずっと親交があります。 そのとき 
無名な人たちが それなりに自分の夢を実現させて うどん屋をオペラ座近くに
オープンし大成功させたり(パリでフレンチに疲れたら「国虎屋」へ)、
デザイナーとして パリコレへ参加したりと・・・。
 そのうちの1人に 超高級ブランド「エルメス」の社長になっている斎藤峯明氏がいます。 
そのころ 三越の社員だった斎藤さんとは よき男友達としてよく遊んでもらいました。
彼は 18歳で単身渡仏、独学で難関美術大学に入学という経歴の持ち主、
ヘッドハンティングで 私の帰国後 今の会社に入社し トントンと、社長歴も
随分長くなりました。

 伝統文化、それを生み出す職人を重んじるエルメスのあり方を 具現化する手腕が
評価されているようです。京都の立命館大学でも 講師として教壇に立っています。
旅が好きなステキなみねあきさんと1年ぶりに銀座でランチ。
話が弾みすぎて・・・飛行機に間に合うか・・・となんと
社長専用のかっこいいけど気難しいシトロエン(現存はたしか世界に2台とか)
で運転手さんがビューんととばしてくれました。 黒塗りの社長車ではなくフレンチ
ブルーの外装、内装はベージュ色エルメスの皮!!
みねあきさんはまだ夢を追い続けています。 

   
d0105509_1756037.jpg

      シトロエン71年型 「ローマの休日」同型ベスパご愛用の運転手さん
[PR]
by studio-paradiso | 2007-09-23 11:29

 9月12日 (社)日本エアロビックフィットネス協会が20周年を期に名称変更。
祝賀会が新宿京王プラザホテルで華やかに行われました。代議員である私は、
協会と共に歩み また 大変お世話になったこともあり万障繰り合わせて参加。

 パラディソの指導者養成コースの実力が 日本を代表する団体のお墨付きを
もらうことは 卒業生にとってその後のキャリアアップに必要と考え この協会の
指導者養成認定校として活動してきました。おかげさまで 卒業生から その後
次のレベルの資格をとるものが多く おそらくその数はひとつのグループから
輩出した数は 日本1だと思います。

 Tバックレオタードにはじまり ビリーザブートキャンプでおわりのこの20年の
フィットネスを振り返ってとのデモンストレーションも笑いの渦。自分史を振り返る
ようでした。

 今回は 鏡開き(初めての体験!ふたは最初から割れ目が入っていて お酒は
少ししか入っていなかった!)や 20周年の記念誌への寄稿と光栄なことを
させていただき 去年20周年を迎えたパラディソと重ねて あらためて 
続けてきてよかったな としみじみ思いました。
[PR]
by studio-paradiso | 2007-09-23 10:49