立春、4年ぶりにホームページを新しくした。
同じビルの2階にあるウエブデザイン事務所にお願いした。

デザイナーの深津氏はNHKBSの「熱中夜話」にビートルズマニア
として出演したことのある達人。この方の目を通して、一緒に「パラディソ」
を観察することは、とても楽しいことであった。

当然世の中は変化しているし、自分自身も気づかないうちに、考えていることや
表現している言葉が変わってきているのに、これまでのホームページの内容を
抜本的に変えず、なんとか取り繕っているような状態だった。
そのズレがこんなにもあったのかと愕然とした。

結局この作業が、ホームページだけにとどまらず、あらゆる事の見直しと手直しが
生じて、とても大変ではあったが、とてもよかったと思っている。見えないものや
聞こえないこと、点と点がつながりを持ち始めたように感じる。

ところで、私は、取材を受けることがある。インタビューに答えた内容を、
どのように表現してくださるのか興味深い。客観的に自分を観ることができる。
また、それを通して、逆に社会を知ることもできる。
世はバブル、28歳の時。新聞記者が「あなたの夢は?」の質問に「笑って死ぬこと!」
と答えると、「えっ?売り上げとか、支店を出すとか、そんなのは?」 
「う~ん?」 「よくそれでスタッフがついてきますねぇ!」                 
[PR]
by studio-paradiso | 2011-02-28 16:39 | 楽園通信

月と専制君主

d0105509_1358950.jpg

1982年の初日の出を拝みに行った車の中で、耳に飛び込んできたのが、
佐野元春。ライブで姿を目にしたのは、「約束の橋」を聴いた1990年だったかな。

そして、デビュー30周年を迎えての3タイプのアニバーサリーツアーのライブを
スタッフの山本と一緒に堪能した。とくに、2回目のDORUM Be-1のライブ
(小さなライブハウスでもやったところがまたすごい!)は最高だった。
写真はそのときの楽曲をライブ後に掲示してくれたもの。
そして、今私は、新しいセルフカバーアルバム「月と専制君主」を聴いている。

音楽が好きでたまらない。一流のミュージシャンである仲間と伝える喜びが、
いきいきと純粋無垢に、まっすぐに伝わってくる。
少年のように、ただひたむきなところは今も変わらず、
でも常に革新的に歩み続ける佐野元春は、素敵!
[PR]
by studio-paradiso | 2011-02-11 14:28 | 日記

立春

d0105509_821559.jpg

今日は立春。高杉晋作ら勤王の志士を庇護し、幕末動乱期を見守った野村望東尼
の庵がある山荘公園前を通っていつもパラディソへ。赤白の梅が咲き始めました。
ここ2~3年で 茅の屋根も葺きかえられ、うっそうとしていた木々も美しく
手入れをされています。平尾の地域の皆さまのお力です。パラディソもささやかながら
募金活動を会員のみなさまに呼びかけています。

さて、予定では、今日新しいホームページがお目見えです!
これからも みなさまと交流が続きますように。
[PR]
by studio-paradiso | 2011-02-04 08:55 | 日記