「貧・瞋・痴」

d0105509_8592530.jpg

仏教では、三つの根本的な煩悩「貧(とん)・瞋(じん)・痴(ち)」
(むさぼり・いかり・おろかさ)の三毒の心があるといわれる。
対象をもとめる貪欲、怒りである瞋恚、真理を見失う愚痴のこと。
この毒を消す方法は、感謝の気持ちを持つことと、私の師に教えられた。

3月11日以来、日常の自分自身の在り方を省みることが多い。
人や事象に怒ること、愚痴を言うこと、浅はかに行動する、あるいは
すべきことを行動におこさないことがどんなに心ないことなのかと。

庭に出てみた。今年はピンクの常盤万作が1週間から10日くらい開花が遅いように思う。
5年くらい芽を出さなかった、子どもが小学校から持ち帰ったチューリップの植木鉢。
球根はそのままだったが、捨てずにお水をかけ声をかけていた。
なんと たくさん芽を出し成長していた。きっと花が咲くと確信する。
植物の力強さに励まされた。涙が出て止まらなかった。

被災者の方々へ 心よりお見舞い申し上げます。
ひとりひとりのやさしさとたくましさで助け合い、平和への祈りを捧げます。
[PR]
by studio-paradiso | 2011-03-23 09:40 | 日記

桜の花が咲く前に

11日14時、健康づくりの取り組みについての企業インタビューを終え、
車に乗り、CDのスイッチを入れる。井上陽水の新しいアルバム「魔力」。
15時、法務局へ。テレビの前で番号を待つ人々のざわめきでその事実を知る。
18時35分、サンパレスで陽水のコンサートが始まった。「招待状のないショー」
「白い船」・・・全てが鎮魂歌だった。
帰宅後、テレビの映像や、ツイッター、チェーンメールが続々と目に飛び込んでくる。
身近な人たち、知っている人の顔と所在を思い浮かべ、今やるべきこと、できること、
慌ててやらないこと、想定されること、等、冷静に思考するように努めた。  

12日朝のレッスン。「音楽に合わせてからだを動かして、今日は思い切って来たら
救われた。」という声にほっとする。
15日、天災に加え人災のニュースが続く。夕食の買い物をする時も、あたたかいベット
で寝る時も、罪悪感を覚える自分に危なさやもろさを感じる。

車の中でNHKラジオ。被災者への応援メッセージや、映画「小さな恋のメロディー」の
「メロディフェアー」の曲がやさしく届けられた。ああ、そうだった。今年のパラディソの
テーマは「心に太陽を、くちびるに歌を。」我々スタッフのテーマは「Here &Now
~今ここ~」しっかり踏ん張って、元気を出そう。今ここでもできることをちゃんとやって、
そして祈りを捧げたい。応援したい。
[PR]
by studio-paradiso | 2011-03-18 16:37 | 楽園通信