修士論文提出後2日目の自由満喫の夜は、初めて行く映画館T・ジョイ博多へ。
観た映画は、すっきりと超娯楽映画「ミッションインポッシブル」座席がいい!
頭までゆったり背もたれがあるので、ゆったりと、すわり心地が良く、
また、前の人が気にならない。
臨場感のある音響も最高。
インターネットでの座席予約が可能です。
また、観劇後のお食事も同じフロアでできますよ!
[PR]
by studio-paradiso | 2012-02-16 14:47 | はーなのお気に入り

お正月はいかがお過ごしでしたか?私は、思いっきり、わがままに過ごしました。
必死で修士論文のデーター打ち込みです。予定通りでいけば、この3月に大学院を
無事終了となりますが、その前に、書いた論文が通らないといけません。

人間やればできるもので、トイレ以外は、正座でパソコンに向き合うこと12時間もできました。
ハイな状態です。後手後手になったことも否めませんが、よりによって12月(!)に、
新たなアンケートの解析法を知ったことがこの結果を生んでしまったのです。

私のテーマは会員の皆さまもご存じの『「10分ランチフィットネス(商標登録)」導入による
ユーザーの行動変容研究』。大学院に入学をきっかけにできたパラディソの作品です。
知らんぷりを決め込めばのんびりできていたものの、結局は、これまで体験したことのない
境地に陥りました。

この原稿を書いている今は、提出後3日の、教授から訂正が入る前の小休止状態で、
開放感を味わっているところです。

この怒涛の日程の中で、日常の「最低でもやらねばならないこと」をしたことが、救いでした。
通常レッスンはもちろん、家事も、正月行事も。それが、リフレッシュとなります。
レッスンで体を動かす事で、すっきりと気と体が整います。
周りの人たちへの新たな感謝の気持ちも生まれました。
これまで、私のやってきた様々なことを思い、果たして本気で取り組んだのかしら?と考えます。
まだまだ、人には、いくつになっても可能性があることを体験しました。
それは、今年のパラディソのテーマでしたね。可能性を信じる。              
[PR]
by studio-paradiso | 2012-02-02 10:54 | 楽園通信