みらいクリニック今井 一彰先生考案の口腔ケアの体操です。
ベーと舌を出すと、首回りもほぐれてきます。
また、小顔になるとも言われています。
美容と健康を兼ねて、ぜひお勧めの体操です。
[PR]
by studio-paradiso | 2012-11-15 09:39 | はーなのお気に入り

京都大学教授の山中伸弥さんが、「iPS細胞」を作り出して、6年という異例の早さで、
ノーベル医学・生理学賞に選ばれたのは、世界中の研究者からの推薦状が後押しとなったと、
NHKが選考委員に取材をして明らかにしていました。iPS細胞の技術が臨床で応用され、
患者の命を救うことに貢献するよう期待をしているという表れ。
受賞の話題は、奥様が素敵だの、膝の痛みもきっと治るだの、会員の皆様との話題は
尽きることがありませんでした。

  
ところで、日本人の死因の3位が「脳血管疾患」だったのが、高齢化社会の到来で、
「肺炎」となりました。高齢者施設の入所者に目立ち、口の中の細菌を吸い込んで
発症するケースが多いとのことです。
歯垢(しこう)などを取り除く口腔(こうこう)ケアやワクチン接種は予防効果があり、
今年度からは手術前後の口腔ケアに診療報酬が認められているようです。
パラディソの介護予防の教室では、口腔予防のレクチャーもあり、また、
パラディソ体操のクラスにも口腔体操を取り入れています。

お茶を飲むときに、咳き込むことがありましたが、ケアのおかげで最近は全くなくなりました。
こういったいろいろな筋肉が衰えてきているのでしょうね、きっと。
「おしゃべりだから私は大丈夫」というあなた! 忍び寄る老いに、くれぐれもご用心!     
[PR]
by studio-paradiso | 2012-11-05 16:35 | 楽園通信