日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で
運営をおこなう公共貢献施設。
JR東京駅丸ノ内南口から徒歩1分。丸の内JPタワー内の
2・3階部を博物館として改装。
陳列物、その並べ方などかなり大胆で美しく必見!
もし、東京見物に、はとバスと合わせていかがでしょ。
[PR]
by studio-paradiso | 2014-04-18 10:46 | はーなのお気に入り

やっぱり、ファッション・モードは気になります。
子ども時代に、テレビで「奥様は魔女」のサマンサ、「謎の円盤UFO」
などのアメリカドラマ、バービー人形の着せ替えの洋服、映画で
オードリヘップバーン等々に影響を受け今に至っています。
似合う似合わないは別として、洋服や小物を選ぶ時に、物語や背景など
イメージを浮かべることってないですか?

 
特に、独身時代は、妄想が行き過ぎてとんでもないことに。
ドライブではオープンカーだとヘアーが乱れるので(オープンカーも所有せず、
さらにショートヘアだったのに)スカーフを頭に巻きましょう、と私の記憶では
1回しかやったことがないのに、やたらとスカーフを買ってしまう。
さすがに今は買わないけれど、やっぱりいまだにショーウインドーを見てしまう。
帽子も、ロングコートも、特別なシーンをついつい思い浮かべて欲しくなる癖は
今も残っているようです。そして、そういった妄想の産物ほど捨てられないのです。
整理整頓するときに、うっとりとまた眺めてしまい、時がたってしまいます。
「無用の用」のひとときは、とっても贅沢で楽しいものです。

30歳を前に6ヶ月間パリに住んだことがあります。パリコレにも友人が連れて
行ってくれました。パリは、マダムたちが美しい街。サンジェルマンを闊歩している
姿をイメージしながら、今度こそ、ここ最近太った体を引き締めることにしたいと思っています。
[PR]
by studio-paradiso | 2014-04-09 10:45 | 楽園通信