「別府 明礬温泉」

天然の入浴剤「薬用 湯の花」小屋の風景も有名なこの温泉は、
その日福岡に帰っても、足がポカポカしています。
骨の髄まであっためてくれる温泉として、ここはオススメです。

大露天風呂で気持ち良くなったあと食べる地獄のゆで卵も最高です。
行楽の秋にいかがですか?
d0105509_15473248.jpg

[PR]
by studio-paradiso | 2014-11-15 15:28 | はーなのお気に入り

温泉にゆっくりつかりたーい季節の到来です!

ところで皆さんは、どこの温泉がお好きですか?
私は、王道の別府が大好きです。
この15年、大分県教職員組合よりライフプランセミナーでの仕事を依頼され、
年に2回、ちょうどこの季節に別府に参ります。

10時ごろ高速バスの別府北浜に降り立つと、時間的に静かな、でも刺激的な
歓楽街を通り抜け、20分ほど歩いて現場入りします。
80分の仕事が終わると、いつもの100円公民館温泉か、かの有名な竹瓦温泉
でリラックス。もちろんタオルは持参です。

今年は、知り合いの骨董屋「三昧堂」さんで道草。新潟米納津屋の「雲かくれ」の
お菓子とお抹茶に舌鼓を打っていたところに、映画館の看板絵作家の松尾常巳さま、
97歳が自転車で登場! 
昭和40年位、別府に25軒あった映画館も今や1軒になったそうです。
柳原白蓮さんの、今は現存しない「銅(あかがね)御殿」の話も盛り上がりました。
これが残っていたら、きっと今は観光客でいっぱいだっただろうに。残念です。   
[PR]
by studio-paradiso | 2014-11-10 15:28 | 楽園通信