「出張の楽しみ」

機内誌をながめる時間は、ささやかな楽しみのひとつ。ベストセラー作家浅田次郎さんの名物連載エッセー「つばさよつばさ」が最高に面白い。

ユーモアあふれる読み物に、ゆるりとした気分となる。

先月号は、銀行の駐車場で、車上の高齢者から、乱列駐輪の自転車が邪魔で、年寄りの私は前進できないからどけてくれ、と頼まれ愚痴ったり、いやいや若く見られた自分に嬉しくなってニヤニヤしながら、ちょっといいことしようと思い立ち、それらの自転車全てを整列していたら雪崩のごとく自転車が倒れ、そこへやってきた主婦にこっぴどく文句を言われ・・・と、こういった顛末が、面白い。声を上げて笑わないようにと、こらえるのが大変。

出張先の大都会東京で出くわすへんてこりんな人や、ちょっと~と、小言を言いたくなる出来事に、かのエッセーを思い出し、気分を変える。

ユーモアでその場を切り返し、スカッとする技を持ちたいなあ。

今年もあと1ヶ月ですね。

どうぞ、思い残すことなく素敵な年末となりますように。


[PR]
by studio-paradiso | 2015-12-01 13:41 | 楽園通信