「山の日」という祝日のお蔭で、夏休み前半は、夫婦で京都へ出かけた。

旅は3つの行きたいことを決めて、あとは流れに任せるという方法。

その1つは、老舗旅館を13ケ月毎に宿泊するという遊びの11年ぶりの復活。つまり今年は8月であれば来年は9月に訪れる。季節を追ってそのしつらいや、旬の味を楽しむ。

11年ぶりのその宿は、まず、その空気感と石けんの香りが「おかえりなさい」と受け入れてくれる。「居場所」がさりげなく準備され心地良い。

そして、2つ目は、桂離宮の見学。
宮内庁に予約を入れてのもの。「舟遊びね~」と、1時間の庭の散策は、暑さでぼーっとしている。(写真参照)



その他、成り行きでいった、志明院は、鴨川の水源があり、「もののけ姫」や、歌舞伎十八番の『鳴神』のモデルになっている。人気もなくひっそりとしていて、神秘的でした。日照りで水の音を聞くことが出来なかったのは残念でしたが、写真の撮影も禁止のこの場所は、しっかり「冷え!」ましたよ。

みなさん これから夏バテがでる季節。どうぞご用心ください。
d0105509_1295532.jpg

パラディソ代表 森山暎子(はーな)
[PR]
by studio-paradiso | 2016-09-01 12:03 | 楽園通信