タイマーセットで30分に1回は立つ

東京で2日間みっちり最新の運動生理学を学んできました。パラディソで常に学んでいるものの、テーマや先生が違うと刺激も違います。

まずは、「不活動量」の話から。座位の時間が長いほど、健康づくりとして推奨の身体活動量を実施しても、喫煙と同じくらい死亡のリスクが高いということ。


大学院入学(2009年)入学以来、気が付けば休むことなくパソコンで仕事。この習慣を変えるにはと、タイマーをセットして、30分経つと、スロージョギングや、空気椅子(スクワット)をすることにした。


自宅でTVの時間が長い方は、要注意ですよ!


パラディソ代表 はーな




[PR]
by studio-paradiso | 2018-04-02 13:05 | 楽園通信